にく〜炉ちゃんねる(仮)CCさくら総督府
136 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2021/02/28(日) 21:26]
まどか☆マギカif...Y(29)
悔しかった、普段なら簡単に倒せる筈の使い魔如きに嬲られ哄笑されるのが悔しかった。
だが、ほむらの体は屈辱的な経験に興奮してしまっているのだ。
(私の体がマゾヒズムに侵食されている証拠だわ...)
繰り返される凌辱に対して精神的抵抗を繰り広げる暁美ほむらの心に影を落とす不安。
使い魔達はギラギラした眼差しで、ほむらを視姦しながらアナルマッサージと男根刺激で責めて来る。
「そろそろケツの穴も解れた頃だろうぜ。」
アナル男が仲間に告げた。
「解した俺がアナルの処女を貰うって事でいいよな?」
仲間2人に呼びかけるアナル男。
その直後、男は、ほむらの菊門からマッサージしていた指を抜く。
ようやく指が蠢く感覚から解放された、ほむらだったが、直後アナル男に尻を鷲掴みにされた。
男は怒張した男根を、ほむらの尻に近づけていく。
男根が菊門に触れた感覚で諦める、ほむら。
ワセリンによる潤滑効果もあり、男根はスムーズに菊門へと侵入してしまう。
「あはぁ...」
ほむらは思わず男根の圧迫感に喘ぎ声を漏らしてしまった。
使い魔は男根が前立腺を擦る様な形で抽送しながら、ほむらの男根をしごく。
女性でありながら男性オーガズムを備えさせられた少女は異様な官能に見舞われる。
「ぁッ、あッ...そんな...ダメよ..」
昂進する快感を懸命に否定しながらもエクスタシーへと登り詰めていく、ほむら。
(30)へ続く



◆続きを読む 前100 次100 最新50 全表示 掲示板に戻る ( ´∀`)<191KB
名前: E-mail:

[掲示板を利用する前に]
read.cgi ver2.0 beta3 (03/08/25)