にく〜炉ちゃんねる(仮)CCさくら総督府
79 名前:品川くじら [2020/11/18(水) 03:12]
まどか☆マギカif...X(130)
「キリカ、私を犯して。いいのよ。一つになりましょう。」
想い人を救わんとする一念から出た織子の決意の言葉だった。
それを聞いた寄生マミはキリカに言う。
「ほら、織子もやってくれって言ってるわよ。早くしなさい。」
キリカも意を決して織子の元へ向かった。
織子の足側から近づいたキリカは、織子の両足を大きく開かせ自身の体を、織子の股に割り込ませていく。
そして正常位での挿入体勢を作り、ペニバンの張形の先端を織子の深淵の入り口に合わせる。
「ごめん、行くよ、織子。」
そう言うなり、キリカは腰の位置を前に動かし、張形を挿入していく。
「キリカ、一緒に堕ちましょう...。」
総てを諦めた織子の言葉だった。
張形を根元まで挿入すると、キリカは腰を前後運動させ始める。
処女を失って時間が経っていない所為で、まだ深淵がきついのか、織子は苦痛に顔を歪めた。
「キリカ、貴女ね、もっと早く腰を動かせないの!?」
寄生マミが、苛立ちの声を発した。
どこから取り出したのか乗馬鞭を手に取るとキリカの尻を打つ。
突然の激痛に算を乱し、高速で腰を前後させる呉キリカ。
張形の運動する勢いに狂乱し、絶頂する織子。
その瞬間、何処からともなくソウルジェムが飛来し、2人の額に填まった。
美国織子と呉キリカが心折られ、マゾの堕ちた瞬間だった。
(131)へ続く



◆続きを読む 前100 次100 最新50 全表示 掲示板に戻る (*´∀`)<146KB
名前: E-mail:

[掲示板を利用する前に]
read.cgi ver2.0 beta3 (03/08/25)