にく〜炉ちゃんねる(仮)CCさくら総督府
84 名前:品川くじら [2020/11/26(木) 00:54]
まどか☆マギカif...X(135)
その頃、牢獄に囚われた鹿目まどかと暁美ほむらは事態の変化に驚く。
周辺の牢に次々と女達が運び込まれてきたからだ。
皆、使い魔達に犯され、身ぐるみ剥がれて全裸のまま泣き喚いていた。
「ほむらちゃん、これって・・・。」
「奴らの大作戦が始まったんだわ・・・。」
被害者の増加から事態を分析する、ほむら。
しかし今、ほむらの手に円卓会議の意図を遮る力は無いのだ。
ほむらは悔し気に唇を噛む。
「私、怖い・・・。」
不安に駆られた、まどかは思わず、ほむらに抱き着く。
まどかの小さな肩を抱きしめる、ほむら。
「今の私には、まどかを慰める事しか出来ない・・・」
まどかの耳元で囁くと、ほむらは姿勢を変えて、まどかと唇を重ねた。
そして、まどかをベッドに横たわらせ愛撫を加えていく。
魔法を取り上げられた今、ほむらに出来る事は情交で不安を紛らわす事程度だ。
一方、魔法使い達は見滝原市の沈黙で戦勝気分に沸(わ)いていた。
「座長、おめでとう御座います。市内全域を我々の使い魔部隊が制圧、数百人の女を捕らえ連行しました!」
「この分で行けば市の女性人口の過半数を数日の内に捕獲出来るでしょう。」
さすがのガンダルフも上機嫌を隠せない。
「捕まえた女どもの悔し涙をエネルギー源にミドガルドの結界範囲を更に外側へ広げる足掛かりが出来たな!」
(136)へ続く



◆続きを読む 前100 次100 最新50 全表示 掲示板に戻る (*´∀`)<141KB
名前: E-mail:

[掲示板を利用する前に]
read.cgi ver2.0 beta3 (03/08/25)