最近、寒くなったよね・・・・・・炉ちゃんねる(仮)CCさくら総督府
■ スレッドが大きすぎます。残念ながらこれ以上は書き込めません。 ■
392 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/09/17(木) 00:49]
まどか☆マギカif...X(54)
周囲の時間を停止させる魔法を使って襲い来る使い魔共をゴルフクラブで打ちのめす暁美ほむら。
矢継ぎ早に射る鹿目まどか。
勝負はあっけなく終わった。
使い魔は全滅し、魔法使いも玉座に座ったまま息絶える。
抵抗が止んだのを確認して、まどかとほむらは、マミの下へ駆けつけた。
ところが魔法使いの呪縛が終わった筈なのに、マミは仁美の体を貪り続けている。
「マミさん!どうしたの?魔法使いは倒したんだよ!?」
呼びかける、まどか。
「ねぇ、マミさん。元に戻ってないの?」
ほむらも呼びかけに加わる。
それでもマミは耳を貸さず、仁美の唇を奪い、花芯を捏ね続けた。
「マミさんってばァ!」
思わずマミの肩を掴んで引き起こす、まどか。
すると上体を起こしたマミの額に光る宝玉が填まっている。
それはソウルジェムが変形したものだった。
「ど、どういう事なの・・・。」
事態を見た、まどかとほむらは唖然とする。
「鹿目さん、暁美さん、ごめんね。私、マゾに堕ちちゃったらしいの。」
マミは涙を流しながら言った。
それは、まどか達が初めて魔法少女の裏側を知った瞬間だった。
(55)へ続く



◆続きを読む 前100 次100 最新50 全表示 掲示板に戻る (;xДx)<500KB
read.cgi ver2.0 beta3 (03/08/25)