くじら祭炉ちゃんねる(仮)CCさくら総督府
225 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/03/21(土) 13:00]
涼宮ハルヒの猥褻(143)
「こうするべきかなと思ったから...」
あの長門が朝倉に微笑みながら囁(ささや)きかけた。
「貴女、地球人に影響されたのね...ありがとう、嬉しかったわ。」
朝倉が、あの朝倉が長門に微笑み返しながら感謝したんだ。
2人とも地球人風の心をプログラミングされただけのアンドロイドの筈なのに、まるで本物の恋人同士みたいじゃないか・・・。
俺には理解出来なかったけど、もっとデリカシーに欠ける奴の声が聞こえてくる。
「2人とも!ラブシーンはそこまで!さあ、鶴屋さん、みくるちゃん!準備よ、準備!」
ハルヒの指示で鶴屋さんは長門と朝倉を引き離し、長門の手を引いてマットから離れた。
「有希にゃん、君にはこれから男の子になってもらうよ。」
長門を部屋の片隅に連れていった鶴屋さんの口から発せられた謎の言葉。
「!?...それはどういう...」
思わず首を傾(かし)げる長門。
鶴屋さんは足元に置いてある紙袋から何かの道具を取り出す。
次第に形状が明らかになって、それが張形に腰紐を付けた淫具『ペニスバンド』である事が判る。
「こ、これを使えと言うの?...」
思わず長門の表情が強張(こわば)った。
「さ。早く履いて。」
笑いながらペニバンを長門に手渡す鶴屋さんの目が笑ってない。
ハルヒと鶴屋さんの強靭な意思を感じたのか、長門は渋々ペニスバンドに足を通す。
その頃、マットに取り残された朝倉涼子には、朝比奈さんが寄り添っていた。
(144)へ続く



◆続きを読む 前100 次100 最新50 全表示 掲示板に戻る ( ´Д`)<303KB
名前: E-mail:

[掲示板を利用する前に]
read.cgi ver2.0 beta3 (03/08/25)