くじら祭炉ちゃんねる(仮)CCさくら総督府
1 名前:品川くじら < [2007/08/29(水) 01:06]
微妙に過疎っているようなので、新たなスレ立てさせていただきます。
内容的には「びんちょうタン」とか「ハルヒ」とか色々です。
以前、2chさくら板に貼った事のあるものなので見た憶えのある
方もいるかと思いますが、とりあえず貼らせていただきます。
では、張り切って行って見よ〜ッ!!

191 名前:品川くじら [2020/01/23(木) 01:14]
涼宮ハルヒの猥褻(110)
鶴屋さんの体の下で長門有希は訪れようとしている官能の嵐に慄(おのの)いている様に見えた。
小柄な体形に見合った小さく薄い胸は心臓の動悸(どうき)に合わせて上下動し、明らかな興奮状態を示している。
そして申し訳程度の大きさしかない乳房の先端は限界まで屹立してしまっていた。
長門と体を重ねた鶴屋さんは両手で長門の肩を抱き、唇を重ねる。
どうやらディープキスへ持ち込むらしい。
瞬間、長門の体が小さく震えた。
左肘と両膝で身体を支えながら、右手で長門の髪を撫でる鶴屋さん。
ここまでの動きを流れる様に出来るのが凄い。
鶴屋さんの右手は髪から首筋、肩、胸へと移動しながら愛撫を加えていく。
一方の長門は息苦しいのか、気持ちいいのか知らないが肌を火照らせ、荒い鼻息を吐(は)く。
更に右膝で長門の股間を圧迫刺激し始める鶴屋さん。
秘裂諸共、花芯をグリグリと刺激されて長門は思わず両手でマットを握った。
2、3分もしただろうか、ようやくディープキスを終えて鶴屋さんが長門と唇を離す。
長門は完全に理性が飛んだ目をして荒々しい呼吸を繰り返している。
いつの間にか鶴屋さんの右手は長門のちっぽけな乳房を弄(もてあそ)んでいた。
「どう?ユキ。感じてくれてる?」
長門の耳元で囁(ささや)く鶴屋さん。
「ぅ...ぅう...こ、これほどとは...」
呻(うめ)くように受け答えする長門だが言葉にならない。
いやはや、とんでもねぇ撮影だよ、まったく。
(111)へ続く

192 名前:品川くじら [2020/01/24(金) 01:10]
涼宮ハルヒの猥褻(111)
まるで長門の反応を楽しむかの様に胸を揉み、花芯を刺激する鶴屋さん。
長門は意識朦朧とした状態で視線を宙に泳がせていた。
「ぁ、ぁッ..あぁ〜ん...いい、いいのォ...」
身悶えして嬌声を上げる長門。
「ユキ、感度がいいんだね。私の膝がビショビショだよ。」
喘ぎ悶える長門を冷やかす鶴屋さん。
そして鶴屋さんは体位を変えて長門の胸辺りに顔を移動させ、膝を股間から外して替わりに右手を伸ばす。
鶴屋さんは既に限界まで突出してしまっている長門の乳首にキスする。
「あッ、ぁああ〜んッ...」
敏感になっていた部位を責められ善がる長門。
間髪を置かず、舌先で乳首を舐り始める鶴屋さん。
最初は舌先で転がす様にゆっくり、それに慣れる前に強く激しく乳首を責める。
同時に右手指先を長門の秘裂に滑り込ませ、既に勃起している花芯を捉えた。
「あッ、ぁッ、あッ、あぁぁあぁぁあ〜ッ...」
クルクルと軽く捏ねただけで、長門は身を捩じらせて呻く。
もはや情報統合思念体の作ったアンドロイドは、鶴屋さんの哀しき玩具でしかない。
こいつから送られて来るデーターを思念体とやらは、どう理解できるのだろうか。
もはや茹蛸(ゆでだこ)の様に全身を火照(ほて)らせて悶え狂う長門。
知的でクールだった、あいつの面影はどこへ行ったんだ。
それほどにまで鶴屋さんのレズテクが凄いって事なのか。
(112)へ続く

193 名前:品川くじら [2020/01/27(月) 01:00]
涼宮ハルヒの猥褻(112)
「あッ、ぁッ...やんッ、やんッ!...うぅ〜...」
鶴屋さんの胸の下で悶え狂う長門。
知性が失われ、まるで幼児に退行した様な、稚拙な感情表現しか出来ていない。
片(かた)や、鶴屋さんは長門の反応や表情を観察しながら舌や指の使い方を加減しているらしい。
長門が感じて悶えれば舌と指の動きを緩め、長門が一息吐(つ)こうとすれば舌と指を激しく動かして追い上げていく。
誰が見ても一方的な責めに見える。
まるで鶴屋さんの豊かな乳房に押さえつけられて、貧乳が蹂躙されている様に見えてしまう。
「!!、んんッ.....」
一瞬、手足を強張(こわば)らせた直後、長門有希は逝った。
意識が飛んだらしく、肉体はぐったりと脱力してマットに横たわる。
「おやおや、ユキ、気絶かい?でも、これで終わりじゃないよ。」
不穏な事を言いながら、又もや鶴屋さんは体位を変えた。
そして長門の両足を大きく開かせて、自分が股の間に入り、寝そべって顔を陰部に近づけるのだ。
秘裂からは指による玩弄で勃起した花芯がはみ出しているのが見えた。
予想通り、鶴屋さんは長門の花芯にキスする。
「!?」
全身で最も敏感な部分への接吻に目を見開く長門。
長門に意識が戻った事に気付いた鶴屋さんは唇から舌先を出して花芯を舐る。
「あぁぁあぁぁあ〜ッ」
クールだった文学少女長門有希は髪の毛を掻き毟って官能の激しさを表す。
(113)へ続く

194 名前:品川くじら [2020/01/29(水) 00:50]
涼宮ハルヒの猥褻(113)
慌てて足を閉じようとするも、割り込んだ鶴屋さんの体が邪魔になって果たせない長門。
鶴屋さんは長門の反応を楽しむ様に舌を使う。
まずは、ゆっくり、優しい舐り方で花芯を転がしているらしい。
「ぁッ...あッ...ぁあ〜ん...そこ、感じる、感じるのォ〜ッ...」
左手で髪を掻き毟り、右手で顔を半分隠しながら長門は身悶えする。
「ユキ!感じ易(やす)いんじゃないの?あんたの大事な所、ビショビショじゃん!」
顔を上げて長門を冷やかす鶴屋さん。
「うぅ...は、恥ずかしい...」
長門は思わず両手で顔を覆う。
それを見た鶴屋さんは責め方を変え、強く激しい舐り方にした。
「!...あぁぁんッ...は、激しい...感じちゃうゥゥゥッ...」
舌先で弾く様な舐め方に反応して長門は身悶えする。
思わずマットのカバーを強く握ってしまう長門の両手。
このまま追い上げていくのかと思いきや、鶴屋さんは又もや責め方を変えた。
そう、ゆっくり優しい舌使いに切り替えて長門の反応を和らげたのだ。
「あッ..ぁッ...い、いい...気持ちいいよォ〜ッ...」
官能を言葉にする長門。
更にマットを掴んでいた両手を自分の胸に移動させ、虚しく天を突いていた乳首に添える。
そして指先でクルクルと弄(いじ)り始めたのだ。
俺にとっては信じられない程の変化だったね、あれは。
(114)へ続く

195 名前:品川くじら [2020/01/30(木) 00:49]
涼宮ハルヒの猥褻(114)
俗に、チクニー(乳首オナニー)と言うやつなのだろうか。
長門は花芯を責められながら、自分で屹立した乳首を弄(もてあそ)び始めたのだ。
「あッ、ぁんッ...つ、鶴屋さん...好き...」
うわ言の様に口走る長門。
むしろ俺が驚いたのは、冷静無比のアンドロイドだった筈の長門に性欲や恋愛感情が芽生えた点だが。
一方の鶴屋さんは、と言えば長門の股間で巧みな舌使いを続けている。
緩急強弱のリズムを駆使した責めに長門は全身の肌を火照らせ、喜悦の表情を浮かべて悶え狂う。
「ぁッ、あッ、ぁあ〜ん...ハァ、ハァ...んんッ...」
こちらも強弱のリズムを付けながら乳首をいじり喘ぐ長門。
「!!...ぁああ〜んッ...」
どうやら逝ったのか、長門が急にぐったりする。
その様子を目敏(めざと)く見抜いた鶴屋さんは、花芯舐りを止めて体位を変え、長門と体を重ねた。
そして唇を合わせて優しく髪を撫でるのだ。
「ユキ、逝ったんだね・・・可愛かったよ・・・。」
ようやく意識を回復した長門有希は鶴屋さんに抱き付き自分からキスした。
しばらくして唇を離した長門は瞳を潤ませながら告げた。
「凄く...凄く、気持ちよかった...ありがとう、鶴屋さん...」
鶴屋さんは長門の髪を撫で、瞳を覗き込みながら答えるのだ。
「ユキが感じてくれて私も嬉しいよ・・・。」
こりゃ本格的に恋人同士の会話だよな。
(115)へ続く

196 名前:品川くじら [2020/01/30(木) 22:22]
涼宮ハルヒの猥褻(115)
ベッドシーンが終わると超監督様が2人の傍らに歩み寄る。
「良かったわよ、有希、鶴屋さん。おかげでいい絵が撮れたわ。」
得意満面の笑みで話しかける姿を見る限り、ハルヒの計算どおりの画面になっていたのだろう。
「続いて、みくるちゃんと涼子のシーン行きます!みんな、打ち合わせ通りにね。」
鶴屋さんは長門を促して一緒に風呂場へ向かう。
場面は朝比奈さんが臥せっているベッドが中心のものに変わる。
ドアを開けて入って来る朝倉涼子。
恋人設定の長門を巡る恋敵(こいがたき)の元へ乗り込む場面なので顔つきが険(けわ)しい。
つかつかとベッドの傍らに歩み寄って朝比奈さんに話しかけた。
「ちょっと、お話があって参りました。私、ユキの恋人なんです。」
「ユキちゃんの・・・あの子は既に他の人の物になりました。」
他人事の様に追及を躱(かわ)そうとする朝比奈さん。
「どういう事?」
朝倉が一歩詰め寄る。
「私の恋人との闘いに敗れて堕ちました・・・。」
伏し目がちに語る朝比奈さん。
いやはや聞いてるだけでも、こっぱずかしい台詞だよ。
こんなの喋(しゃべ)らされてる朝比奈さんの心労は大変なもんだろうな。
「ゆ、許せない・・・こうなったら貴女を堕(お)としてユキと引き換えさせてやる。」
無茶苦茶な論理展開で衣服を脱ぎ始める朝倉涼子。
(116)へ続く

197 名前:品川くじら [2020/02/10(月) 00:46]
涼宮ハルヒの猥褻(116)
ハルヒが準備した例の安物セーラー服上下を乱雑に脱ぎ捨て、下着と靴下だけの姿になった朝倉涼子。
やはり、こんな時でも純白のブラジャーとパンティーが眩しい。
そしてベッドに横たわる朝比奈さんの元へと歩み寄る。
対する朝比奈さんも掛布団を跳ね除けて応戦の準備に掛かった。
こちらは薄いピンクのネグリジェの下にレース柄のブラジャーとパンティーを着用している様だ。
ベッドの上(うえ)で起き上がり、膝立ちの姿勢を作って待ち構えている。
朝倉もベッドに上(あが)り、同じく膝立ちの姿勢で朝比奈さんと向かい合う。
「覚悟は決めたみたいですね・・・。」
朝比奈さんが静かに告げる。
「先刻(せんこく)承知(しょうち)。」
朝倉が返す。
まるで時代劇の剣豪がジリジリと間合いを詰める様に、2人は距離を詰めていく。
そして抱擁からキス。
当然、相手の口に舌を入れて絡めるディープキスという奴だ。
2人の顔がみるみる赤くなっていくのが傍らからも解る。
互いの力量を図る為の口付けの間にも、2人の手は互いの体をまさぐっていた。
朝比奈さんの手が、朝倉の背中に廻されブラジャーのホックを弾く。
弾力のある乳房に引っ張られてブラのベルトが簡単に外れてしまう。
朝倉も負けてはいない。
朝比奈さんの太腿に手を伸ばし、ネグリジェの裾(すそ)を捲(まく)り上げながら愛撫している。
(117)へ続く

198 名前:品川くじら [2020/02/15(土) 17:20]
涼宮ハルヒの猥褻(117)
ベッドの上で向かい合い、ディープキスしながら互いの体をまさぐる朝比奈さんと朝倉涼子。
朝比奈さんの手は朝倉の背中の中心を撫で下ろしながらお尻に移動した。
対する朝倉は朝比奈さんの太腿から内腿にかけての愛撫を繰り返す。
感じているのだろう、朝比奈さんの顔は先程より紅潮が進んでいる。
それでも朝倉の臀部を撫で回し、その気にさせようと奮闘していた。
接吻を始めてから、かれこれ2分は経(た)つ。
二人とも真っ赤な顔で顔を顰め、懸命に我慢している様だ。
よく見ると肩が小刻みに上下し、もう息が限界なのだと解る。
切ない努力に頭が下がる思いだよ。
そして遂にと言おうか、やはりと言おうか、二人は唇を離してしまう。
「コホッ、うぅ...コホ、コホッ...」
小柄で肺活量も少ない朝比奈さんの咽(むせ)て咳き込む音と苦し気な呼吸が聞こえた。
「ハァ、ハァ...ゼェ..ゼェ...ハァ...ハァ...」
体格が勝る朝倉と言えども無傷ではなく、両腕で胸を覆い、目を見開いて荒々しく呼吸する。
「こ、これで解ったかしら...貴女は私には勝てない...コホッ、コホッ...」
苦し気な表情で無理のある台詞を述べながら、尚も演技を続けようとする朝比奈さん。
「ゼェ...ま、まだ...勝負はついてない...ゼェ...ハァ..」
朝倉も無理な台詞を返しながら朝比奈さんに向かっていく。
だが、機先を制したのは朝比奈さんの方で、朝倉はベッドに押し倒されてしまう。
そして朝倉の右足に自分の足を絡めて閉じられないようにしてから圧し掛かる。
(118)へ続く

199 名前:品川くじら [2020/02/15(土) 18:10]
涼宮ハルヒの猥褻(118)
「あ、遊んであげるわ...コホッ..」
朝比奈さんは未だ息が整わない苦し気な様子で朝倉のブラジャーを上にたくし上げた。
形のいい弾力のある乳房が露わになる。
「ま、負ける訳には...ハァ..ハァ..」
朝倉も腕を伸ばして朝比奈さんの胸を狙うが、ネグリジェの薄い生地に指先が滑って上手くいかない。
まるで朝倉の右側面に貼りつくかの様に横になる朝比奈さん。
巧妙にも朝比奈さんの左腕は、朝倉の右腋の下を通して右肩へ回され、右腕の動きを封じる。
そして朝比奈さんは自分の口を、朝倉の耳に近づけ、息を吹き込む。
「!」
一瞬、顔を顰める朝倉。
どうやら感じたらしい。
続いて朝倉の耳に舌を這わせる朝比奈さん。
「ぁ〜ん...」
思わず甘い声音(こわね)を上げてしまう朝倉涼子。
感ありと見た朝比奈さんの舌は巧みに朝倉の耳を舐る。
「あっ、ぁあ〜ん...」
表情を蕩(とろ)けさせて嬌声を響かせる朝倉。
その間にも朝比奈さんの右手は、朝倉の乳房をやわやわと揉みしだく。
耳と胸の2点責めに反応した朝倉の乳首は、ビンビンに勃(た)ってしまう。
流れる様に展開する高度なテク、こりゃ朝比奈さん、かなりの熟練者だな。
(119)へ続く

200 名前:品川くじら [2020/02/15(土) 21:38]
涼宮ハルヒの猥褻(119)
愛撫に感じて屹立してしまった朝倉涼子の乳首に気付いた朝比奈さんは、身体の位置をずらして朝倉の耳を舐めて
いた舌先を首筋へと移動させていく。
「ぁッ...ぁ〜」
朝倉は流し目で朝比奈さんの動きを追うものの、反撃出来てない。
時折、左手を伸ばして朝比奈さんの股間を狙うものの、自分の右足に絡められた朝比奈さんの右足が邪魔して届かないのだ。
首筋を舐る朝比奈さんの舌先は次第に、朝倉の肩口、胸と矛先(ほこさき)を移していく。
当然その間も朝比奈さんの右手は朝倉の乳房を同心円状に愛撫し、円運動の中心にある乳首を意識させるのを忘れない。
「ん〜...ぁ〜.....」
小さく喘いで瞳を潤ませる朝倉涼子。
ハルヒと鶴屋さんに肉体を開発された所為か、明らかに朝倉は感じやすくなっていた模様だ。
そして朝比奈さんの舌先が、朝倉の右乳房へと移動し、突出した先端を捉えた。
「!..ぁああ〜んッ...」
切ない善がり声が響き、朝倉は抵抗を止めてしまう。
朝倉の右乳首を転がす様に舐る朝比奈さん。
更に右手は朝倉の左乳首を指先でもてあそぶ。
「あッ、ぁッ...あぁぁぁぁァ〜...」
辛(つら)いのだろうか、こそばゆいのだろうか、朝倉は堪(たま)らないという表情で悶えている。
その体は上気して桜色に染まっていた。
朝比奈さんは強弱緩急のパターンを使い分けながら舌先と指先で同時に両乳首を責め立て、朝倉を追い上げていく。
そして遂にその時は来た。
(120)へ続く

201 名前:品川くじら [2020/02/15(土) 22:02]
涼宮ハルヒの猥褻(120)
「!!ぅう〜んッッッ...」
形容しがたい喘ぎ声を上げて朝倉涼子の全身から急に力が抜けた。
これは逝ったんだなと男の俺にさえ解かるレベルの絶頂シーンだ。
それでも朝比奈さんはやめようとしない。
人事不詳の朝倉の腰からパンティーをずり降ろす。
そして右手を朝倉の股間へ移動させて、指先を秘裂へと滑り込ませる。
朝倉涼子が多少意識を回復した時には、朝比奈さんによる花芯責めが始まっていた。
忙(せわ)しなく指先で花芯を捏ねる朝比奈さん。
当然、朝比奈さんの舌先は朝倉の乳首を巧みに舐り続けているのだ。
「あッ、ぁッ、あッ、ぁッ...ぁああ〜んッ...」
意識が回復した途端に再び快感地獄へ真っ逆さまに堕ちていく朝倉涼子。
喘ぎ悶え狂っては気を失う繰り返しを何度か演じた後、身体を痙攣させて動かなくなってしまう。
それを見た朝比奈さんは体勢を変え、朝倉の両足を大きく開かせて、その中央に身体を移す。
「ハァ...ハァ..な、何を...」
少し意識が戻ったのか、朝倉が朝比奈さんを止めようと声を掛けた。
しかし、朝比奈さんが朝倉涼子の勃起した花芯に舌先を這わせるのが早い。
「!!あぁ〜ん...」
切ない善がり声を上げて、両手で頭髪を掻き毟る朝倉。
朝比奈さんは朝倉の反応を見ながら強弱のリズムを利用して花芯を舐る。
いやはや、とんでもない展開になったな。
(121)へ続く

202 名前:品川くじら [2020/02/17(月) 00:01]
涼宮ハルヒの猥褻(121)
「いいわよ、いいわよ〜。涼子の切ない顔、最高ッ!みくるちゃんも責めのリズムを心得えてるわね!その調子!」
超監督様がハンディビデオカメラ片手に朝比奈さんの横顔を撮りに行きながら声を掛けていた。
ベッドの上で身悶えする朝倉と、股間で舌を使う朝比奈さん。
どこまでが演技で、どこからが本気なのかすら見当も付かないほど、ベッドシーンにのめり込んでいる。
全身の肌を上気させて乱れる朝倉。
ゆっくり優しいリズムと、早く激しいリズムを使い分けて朝倉の官能を煽り、追い上げていく朝比奈さん。
その有様をFIX(視点固定)とハンディ(携帯)の数台のカメラを駆使して撮影していくハルヒ。
FIXカメラはベッドの横斜め上、斜め横左右の3台が配置され、更に細かい表情を狙ってハンディカメラで接写する。
後から映像を編集して繋ぐつもりなのだろう。
ある意味凄ぇよ、団長様。
そんな状況で喘ぎまくる朝倉にも限界の時が来た。
「!!ぁああ〜んッ...」
一瞬、体を痙攣させると、ぐったりと脱力してベッドに沈み込む。
気づいた朝比奈さんは、朝倉の股間から身を起こして、枕元へ移動する。
そして気を失った朝倉の上半身に覆いかぶさると、唇を重ねた。
薄っすらと目を開く朝倉涼子。
「気が付いた?大丈夫?」
朝倉の肩を抱いて相手を気遣う朝比奈さん。
やはり気配りの出来る優しい人なんだろうな。
ところがそこへ鬼の声が響く。
(122)へ続く

203 名前:品川くじら [2020/02/17(月) 00:26]
涼宮ハルヒの猥褻(122)
「ほらほら!余韻に浸ってる時間は無いのよ、みくるちゃん、涼子!次のシーン行くわよ!」
超監督の一声で朝比奈さんと朝倉の交流は中断させられてしまう。
そしてすぐさま次のシーンの撮影が始まった。
小道具の首輪と手錠が準備され、ハルヒ直々(じきじき)に、裸のままの朝倉涼子に装着させる。
「涼子、いい?あんたはレズバトルに負けて、みくるちゃんの性奴隷に落とされた役回りなの。
しおらしく、みくるちゃんに寄り添いなさい。」
超監督の演技指導に神妙な顔で聞き入る朝倉。
まずはベッドサイドにネグリジェ姿の朝比奈さんと、裸に首輪、両腕は背中で手錠に拘束された朝倉が並んで腰かけている絵が撮影された。
そして例のドアが開き、下着姿の鶴屋さんが、全裸に首輪の長門を引き連れて入ってくる。
「他人の女に手を出した報いを受けて貰おうか、ユキ。」
いつになく怖そうな表情を作って台詞を喋る鶴屋さん。
鶴屋さんはベッドに腰かける2人を見て問いかけた。
「ミクル、その女は誰だい?」
朝比奈さんはトーンを落とした声で答える。
「貴女が連れてるユキとか言う子の彼女らしいわ。」
すかさず朝倉も驚く演技をしながら言う。
「ユ、ユキなの!?何故!?」
朝倉の恋人という設定の長門は、朝倉と目を逸らしながら弁解した。
「つ、つまりこれは...」
レズNTRものとは破天荒だな、超監督。
(123)へ続く

204 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/02/18(火) 03:28]
涼宮ハルヒの猥褻(123)
「私に隠れてミクルとか言う人と付き合ってたのね、酷い!」
ぎこちない怒りの演技をする朝倉。
まあ芝居の巧さを問われる作品じゃないから・・・。
「リョウコ、これからもっと酷くなるよ。」
ニヤニヤと笑う鶴屋さん。
「さあ、ユキ!」
鶴屋さんは長門を促して、ベッドサイドの朝比奈さんと朝倉の前で横たわらせる。
そこには何故かマットが敷かれていたりするが。
裸体に首輪だけの姿でマットに横たわる長門に安物セーラー服姿の鶴屋さんが覆いかぶさっていく。
そして長門と体を重ねた鶴屋さんは、朝倉の方に顔を向けて言い放つ。
「あんたの恋人、もう私のものになったんだよ。」
悲しむ朝倉の姿。
「ひ・・酷い・・・ユキ・・・」
朝倉に見せつける様に、鶴屋さんは長門とキスした。
「うぅ・・・」
言葉に詰まる朝倉涼子。
傍らの朝比奈さんは朝倉の肩を抱いて語り掛ける。
「貴女も諦めて私のものになりなさい。」
同時に朝比奈さんの手は朝倉の乳房に伸ばされ、やわやわと揉み始めるのだ。
元恋人が体を奪われる場面を見せられながらセクハラ、考えてるな、団長様。
(124)へ続く

205 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/02/20(木) 00:45]
涼宮ハルヒの猥褻(124)
鶴屋さんは流れる様な段取りの良さで長門の体を弄(もてあそ)ぶ。
髪の毛を撫で、耳や首筋に舌を這わせ時折、唇を重ねる。
遊ばれている筈の長門は顔のみならず肌全体を赤らめ、性的興奮状態である事を示してしまっていた。
「ユキ、私とリョウコのどっちがいいの?」
少々意地の悪い質問をぶつける鶴屋さん。
「そ、それは...」
目を逸らして口ごもる長門。
「ふ〜ん、答えられないんだ。」
目を細め意地悪そうな表情を作って、長門の瞳を覗き込む鶴屋さん。
「じゃ、私の方がいいって言わせてあげるね。」
鶴屋さんは長門に股を開かせると、自分の足を割り込ませ膝で長門の陰部を圧迫する体勢を作った。
そして両腕で長門の肩を掴み、腰の動きで膝をグリグリと動かす。
秘裂諸共花芯を刺激されて、怯える様な諦めた様な表情を見せる長門。
「ユキ!ユキ!負けないで・・・」
ベッドサイドで事態を見せつけられる朝倉涼子は泣きそうな顔で長門に声援を送った。
「あらあら。貴女の相手は私でしょ?」
朝比奈さんは朝倉の裸体にぴったりと寄り添い、左手で乳房を、右手で尻を愛撫している。
悲しき哉、朝倉涼子の肉体は朝比奈さんの愛撫に反応して上気してしまう。
「ぁ..ぁ〜ん...」
朝倉は小さく切なげに喘いだ。
(125)へ続く

206 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/02/22(土) 17:26]
涼宮ハルヒの猥褻(125)
朝倉の目の前で鶴屋さんに遊ばれて悶える長門有希。
股間への圧迫刺激と時折行われるキスで興奮しているらしい。
「ぁ...ぁは...ハァ..ハァ...」
長門の白かった肌は火照って薄紅(うすくれない)に染まり、乏しい胸を上下動させて荒く呼吸していた。
「ユキは可愛いねぇ・・・リョウコの前で奪って見せつけてあげるよ。」
ベッドサイドの朝倉に意地悪そうな流し目を送る鶴屋さん。
「ああ、ユキ...私との愛の誓いは何だったの...」
朝比奈さんに胸と尻を愛撫されながら嘆く朝倉涼子。
「リョウコ、泣かないで・・・。貴女の事は私が慰めてあげるから・・・。」
同情する様に話しかけて愛撫の手を早める朝比奈さん。
って、朝比奈さん、慰めるの意味違うよ・・・。
「あぁ〜ん...か、体が熱い...こんな事って...」
まるで長門と映(うつ)し鏡(かがみ)の様に体を赤らめてしまう朝倉。
弄ばれる長門の姿に興奮しているのか、自分に加えられている愛撫に興奮しているのか。
鶴屋さんは激しい動きと緩やかな動きの組み合わせでリズムを作りながら長門の肉体を責めていく。
どうやらプレイを楽しんでいらっしゃる。
その横顔は妖艶な女王のそれに見紛(みまご)う程だ。
責めを受ける長門は鶴屋さんの体の下で息も絶え絶えに悶えているというのに。
「フフッ...ユキ、出来上がってきたねぇ...そろそろ次の段階へ行こうか。」
不穏な台詞を口にする鶴屋さん。
(126)へ続く

207 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/02/22(土) 22:19]
涼宮ハルヒの猥褻(126)
鶴屋さんは長門をマットから助け起こすと、ベッドの方へ体を向けさせ、自分は長門の背後に回り込んで腰を降ろす。
背後から小柄な長門の体を抱きしめ、胸を掌で弄(まさぐ)る。
「おやおや、乳首立ってるじゃん。気持ちよかったのかい?」
まるで長門を辱める様に耳元で冷やかす鶴屋さん。
「うぅ...それは...」
返答に窮(きゅう)して口を噤(つぐ)む長門。
そりゃ答えにくいだろう。
「ユキ、リョウコに色々見せてやろうよ。」
そう言うなり鶴屋さんはマットに体育座りした状態の長門に両足を開かせ、その外側から自分の足を絡めて閉じられない様にした。
大きく股を広げ、陰部を開示してしまう長門。
羞恥に顔を赤らめ、思わず正面にいる朝倉と朝比奈さんから顔を逸らす。
一方、朝比奈さんと朝倉のカップルにも動きがあった。
「リョウコも同じ姿勢ばかりじゃつまらないでしょう?ちょっと動かないでいて。」
ベッドサイドで朝倉の体にセクハラを加えていた朝比奈さんは、そう告げると立ち上がってベッドに上(のぼ)り
朝倉の背後に歩み寄ると、そこに腰を降ろした。
そして背後から朝倉に身体を密着させ両足を開かせると、自分の両足を外側から絡めて、足が閉じられない様にしてしまう。
「うぅ...何を...」
思わず焦る朝倉。
まるで合わせ鏡の様に互いの肉体を凝視(ぎょうし)する位置に据え付けられた長門と朝倉。
映像的には美味しい場面なんだろうなぁ。
(127)へ続く

208 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/02/23(日) 12:36]
涼宮ハルヒの猥褻(127)
向かい合う場所で大股開きの姿勢を取らされて互いの肉体を直視させられる長門と朝倉。
「くッ...こんな事って...」
思わず悔しがる長門有希。
「ユキ...ごめんね...ごめんね...」
目を閉じて呟く朝倉涼子。
相手の裸体を見て恥じらいの感情を生(しょう)じているという事なのか。
それぞれの背後から絡みつている鶴屋さんと朝比奈さんは乳房を揉んだり、陰部を弄(まさぐ)ったりして
自分が担当している相手を辱(はずかし)めるのに余念が無い。
超監督様もノリノリでハンディカメラを片手に長門や朝倉の恥辱の表情を撮り続けていた。
ある意味、凄(すご)い情熱だが褒(ほ)める訳(わけ)にはいかない。
「あぁ〜ッ...い、逝くッ...逝っちゃうッッッ...」
朝比奈さんに責められていた朝倉が表情を歪めて官能の限界を訴える。
「ユキ以外の人に...こんな...うッ!」
恋人への想いを残しながら朝倉は気を遣った。
「リョゥコ、まだよ!まだまだ!」
そう言うなり屹立した朝倉の乳首をつねる朝比奈さん。
「い、痛ぁいッ...」
痛みに現実へ引き戻される朝倉。
芝居とは言え変な迫力がある。
すると今度は長門側からも反応が起きた。
(128)へ続く

209 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/02/24(月) 00:32]
涼宮ハルヒの猥褻(128)
鶴屋さんは小柄な長門の体を両腕で抱き込む様に愛撫している。
左手の指先で長門の左乳首を、右手指先で花芯をリズミカルに捏ねていた。
長門も先程のキスと圧迫刺激の組み合わせで既に興奮し、肌を火照らせているのだ。
「ぁあぁ〜ッ...おかしい、体がおかしいよォ...」
執拗(しつよう)な愛撫から逃れようと身悶(みもだ)えする長門だが、両足を絡め捕られ、体格差に抑え込まれて果たせない。
「フフッ・・・ユキ、おかしくなっちゃいなよ。その方が楽しいよ。」
底意地悪そうな表情で長門の耳元に囁(ささや)く鶴屋さん。
いやはや超監督様も強烈な台詞(せりふ)を選んできたもんだ。
「そ、そんな...リョウコ、ごめんッ!...」
律儀(りちぎ)にも朝倉に詫(わ)びてから気を遣る長門有希。
「あれ?逝っちゃった?ユキ、まだまだこれからだよ!」
長門の様子に気付いた鶴屋さんは乳首と花芯を同時に抓(つね)った。
「!!...」
痛みに驚き、正気に戻る長門。
「わ..私をどうするつもり...」
思わず長門が鶴屋さんに問いかけた。
「ユキ、世の中にはいろんな楽しみがあってさぁ・・・。」
そう言うなり鶴屋さんは近場から何かを取り出す。
ピンク色の小さな楕円形、通称ピンクローターという大人の玩具だった。
ハルヒの奴、こんな物まで準備してたのかよ・・・。
(129)へ続く

210 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/02/24(月) 01:00]
涼宮ハルヒの猥褻(129)
ピンクローターを右手に持って長門の股間に押し当て花芯を刺激し始めた鶴屋さん。
「ぁッ...これは..ぁんッ...」
ローターの刺激で感じ始めたのだろうか、長門の様子がだんだんおかしくなってくる。
朝倉も自分の真正面で悶え狂う長門の姿に欲情したかの様に呼吸を乱し、全身の肌を桜色に染めていた。
「貴女もユキみたいに玩具で遊んで欲しいの?」
朝比奈さんが朝倉の耳元で囁く。
「そ、それは...その...」
答えにくそうに口ごもる朝倉涼子。
「いいわ、遊んであげる。」
そう言うなり、どこに隠していたのかピンクローターを取り出す朝比奈さん。
左手で朝倉の乳房を弄びつつ、右手でローターを花芯に当てた。
「あッ..ぁあ〜ん...」
敏感になっていた花芯を低周波振動で刺激されて朝倉は身悶えする。
今や相対(あいたい)する合(あ)わせ鏡(かがみ)となった長門と朝倉は、嬌声をも響かせ合う。
互いのエロシーンを見せ合いながら嬲られるという仕掛けなのか。
性的に未熟な2人の宇宙人が過激な行為に長時間耐えられるわけも無く、程(ほど)なく限界が来た。
「!!...ユキ...」
「ゥゥゥッ...リョウコッ!」
朝倉と長門はそれぞれ、朝比奈さんと鶴屋さんの腕の中で絶頂を迎えてしまう。
互いの名前を呼び合うのが両想いという、超監督様の演出なのだろう。
(130)へ続く

211 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/02/24(月) 23:02]
涼宮ハルヒの猥褻(130)
「いいわよ〜、いいわよ〜!凄くいい絵が撮れてるわ!」
ハンディカメラを片手に得意満面の超監督。
一方、息絶え絶えの状態となった長門と朝倉。
それぞれを担当している鶴屋さんと朝比奈さんはハルヒの次なる指示を待つ。
「次はこれ、いっちゃおうか!」
どこから取り出したのか、団長様は電動マッサージ機を鶴屋さんに示す。
海外ですら有名な別名『マジックワンド』という奴だ。
「はるにゃん、有希ってあんまりそういうの慣れてないみたいだけど大丈夫?」
さすがに鶴屋さんが疑問を呈(てい)した。
「だいじょぶ、だいじょぶ♪慣れて無ければ、慣れて貰えばいいだけだから。」
ニコニコと笑顔を作りながら鶴屋さんに電マを手渡す超監督。
「これ、みくるちゃんの分。涼子を目一杯逝かせてあげて!」
朝比奈さんにも電マを配るハルヒ。
「え、えぇ・・・。」
一瞬ためらいながらも電マを受け取ってしまう朝比奈さん。
超監督様には一片の迷いも衒(てら)いも無かった。
長門にも朝倉にも了承を取ってないのに。
俺は奴の笑顔を見て、屈託ない悪魔だと感じてしまう。
ようやく意識が戻り始めた長門と朝倉。
しかし彼女たちの陰部には電マの振動子が、ピタリと押し付けられている。
(131)へ続く

212 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/02/25(火) 00:31]
涼宮ハルヒの猥褻(131)
股間の硬い存在に気付いたのか、長門と朝倉は同時に顔を強張(こわばら)らせた。
「こ、これは何?...」
「打ち合わせには無かった道具ですね...」
説明を求めてハルヒの姿を追う。
「ふふ〜ん、これはね、英語名マジックワンド、またの名を絶叫マシーンと呼ばれる優れものなのよ。」
臆面も無く電マの呼称を説明する超監督様。
「いや、そうじゃなくて。何故私がマジックワンドとやらを押し付けられているのかという事なんですけど。」
質問を補完しようと努力する朝倉。
しかし超監督は聞いてない。
「案ずるより産むが易(やす)しっていうでしょ?まずは体験してみてよ。はい、鶴屋さん、みくるちゃん!」
ハルヒからの合図で電マのスイッチを入れる鶴屋さんと朝比奈さん。
「ぅ..ぅう...ぁッ...」
たちまち喘ぎ始めてしまう長門。
先程のローターによる花芯責めで感じやすくなっていたのかも知れない。
「ユキ、スイッチ弱からだんだん慣らしていくからね。」
背後で電マを操る鶴屋さんが長門に話しかける。
「わ、わかった...ぁんッ...」
長門は返答している最中にも軽く気を遣ってしまう。
その姿を真正面に見ながら朝比奈さんに責められる朝倉涼子。
心なしか背後から責めてる朝比奈さんの顔が申し訳なさそうに見えるのは俺だけだろうか。
(132)へ続く

213 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/02/27(木) 01:00]
涼宮ハルヒの猥褻(132)
海外では女性の性的不感症の治療に効果を発揮しているという電マの威力は確かなものだった。
当然、長門も朝倉も不感症というわけではない。
既に何回も気を遣り、体は最高に敏感な状態になっている筈だ。
電マの低周波振動に花芯を捏ね回され、刺激されて2人とも限界を超え始めた。
「ぁ..あぁ...そんな...うぅ...耐えられない...」
朝比奈さんに責められている朝倉が絞り出す様に呻(うめ)く。
「無理して我慢しなくていいのよ。自分の気持ちに正直(しょうじき)になったら?」
なんとかフォローしようとして背後から囁く朝比奈さん。
2人の正面では長門が鶴屋さんに責められて悶絶している。
「あッ、ぁんッ...あぁぁあぁぁあ〜ッ...」
日頃、物静かで冷静なイメージのある長門有希が我を忘れて悶え狂う姿は鬼気迫るものを感じた。
あいつの背後で事態を観察している筈の統合情報思念体とやらは何を思うだろう。
「あんッ!ぁんッ!..い、逝っちゃうゥゥゥッ!」
対面する朝倉涼子も身悶えしながら善がり声を張り上げていた。
それほど広くも無いベッドルームに2人の美少女の嬌声が木霊(こだま)する。
その時、長門の肉体に異変が起きてしまう。
股間に添えられた電マの振動子の向こう側から激しく水飛沫(みずしぶき)があがったのだ。
「へ〜、有希って潮吹くんだ!これは貴重な映像だわ!」
ハンディカメラ片手にご満悦の超監督様。
恥辱の場面を撮られて長門はこれまで以上に赤面した。
(133)へ続く

214 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/02/28(金) 00:43]
涼宮ハルヒの猥褻(133)
「が、我慢出来なかった...と言うか、体をコントロール出来る限界を超えていた..」
弁解がましく呟く長門。
「いーの、いーの。こういうハプニングを織り交ぜるのも映像を盛り上げる方法だから!」
長門の恥辱など一切お構いなしにレズビデオの演出について語る超監督様。
男の俺が言うのもなんだが、ほんと、デリカシーがねぇな。
そんな会話の最中にさえ鶴屋さんは電マを操るのを止めない。
電マの振動子を長門の局部に押し付けたり、離したりして感触を変えながら花芯責め継続中だ。
「あッ、ぁああ〜んッ...」
またも気を遣ってしまう長門。
「有希、何度でも逝きなさい。絶頂の果てに何があるのか見届けるのよ。」
無茶苦茶な事を言い、ニタニタ笑いながらカメラを回すハルヒ。
俺は底知れぬ怖さを感じたね。
一方、朝倉も朝比奈さんの手で電マ責めを受け、人事不詳になっていた。
「ぁッ、あッ、ぁッ...あぁぁあぁぁあ〜ッ...逝くッ、逝っちゃうゥゥゥッ...」
これがあのクラスの優等生だった朝倉涼子なのかと疑う程、目を剥(む)き、表情を歪めて悶え狂う。
清楚(せいそ)で優(やさ)しい雰囲気(ふんいき)を湛(たた)えていた朝倉の顔は、今や官能に突き上げられて
狂気を帯(お)びた牝(めす)の顔に変貌(へんぼう)してしまっている。
責めから逃れようとしているのか、朝倉の両腕を背中で拘束している手錠の鎖がチャリチャリと音を立てて小うるさい。
「限界ッ、限界ッ、限界!!...」
朝倉は逝く寸前である事を伝えようと叫びながら、意識を失う。
(134)へ続く

215 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/02/28(金) 21:49]
涼宮ハルヒの猥褻(134)
意識を失った長門と朝倉を抱えたまま、鶴屋さんと朝比奈さんは顔を見合わせる。
「ちょっとやり過ぎちゃったにょろ〜。」
「きっとこういうのに耐性が無かったのね。」
そりゃまあ、ハルヒの動静を探るのが目的のアンドロイドですから性的刺激に備えてはいないでしょうよ。
さすがにこれ以上は無理という判断からか、2人の股間からは電マが外されている。
ようやく意識が戻った長門が呟く。
「わ..私...いったい、どうなって...」
「有希、意識を失ってたんだよ。心配したよ〜。」
鶴屋さんが長門を背後から抱きしめて語り掛けた。
ほぼ同時に朝倉も意識を取り戻す。
「ぁ、あの〜、私、今何を...」
「よかった、意識が戻ったんですね〜。一時はどうしようかと思いましたよ。」
思わず朝倉の体を抱きしめる朝比奈さん。
手錠は何時の間にか外しておいた様だった。
そこへ鬼の声が聞こえてくる。
「2人とも意識が戻ったみたいね。じゃ、次の撮影に入りましょうか。」
超監督は嫌に、にこやかな笑顔を浮かべて4人に近付いてきた。
「体の火照りが醒めない内に撮っておきたい場面なの。有希、涼子、準備して!」
指名を受けた長門と朝倉は、鶴屋さん、朝比奈さんと別れて立ち上がる。
そして長門と鶴屋さんの場面を撮影したマットへと移動していく。
(135)へ続く

216 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/02/29(土) 14:10]
涼宮ハルヒの猥褻(135)
俺と古泉は、忙(せわ)しなく撮影用機材の移動とセッティングに追われた。
程(ほど)なくして3台のFIXカメラと照明ライトの設置は終わる。
「これなら文句抜きにいい絵が撮れそうだわ。」
いつになく上機嫌の超監督様から、お褒(ほ)めの言葉まで賜(たまわ)った。
まあ超監督との付き合いも長いですから、我々も監督がやりたい事が薄々解るわけですよ、はい。
全裸に首輪だけの出(い)で立(た)ちの長門有希と朝倉涼子は例の撮影用マットに上がった。
そこへ、いつの間に着替えたのか、黒でレース柄のブラとパンティーを身に着けた鶴屋さんが玩具の乗馬鞭を持って近づいてくる。
「私、これから女王様役らしいよ。2人ともよろしくね。」
寝取りウォーズに負けた側のカップルが、勝った側に辱められる設定らしい。
今度はSM路線ですかい、超監督。
半ば諦(あきら)め、半ば呆(あき)れながら撮影指示を待つ俺と古泉。
「それじゃ敗北調教シーン、行くわよ!カメラスタンバイ!」
超監督の一声で再び撮影が始まった。
朝倉はマットの上に横たわり、それを見下(みお)ろす様に長門と鶴屋さんが佇(たたず)んでいる。
「ユキ、あんた、リョウコの恋人だったんだろ?愛してみせてよ。」
鶴屋さんがニヤニヤと笑いながら長門に告げた。
「...今は愛する気分になれない...」
俯(うつむ)いて抗弁(こうべん)する長門。
すると鶴屋さんが手に持った鞭で長門の尻を打つ。
「断れる立場じゃないって解ってるよね!?」
(136)へ続く

217 名前:品川くじら [2020/02/29(土) 14:12]
今月はハルヒを20話書きました。
来月の15話で完結させる心算です。

218 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/03/16(月) 00:31]
涼宮ハルヒの猥褻(136)
尻を打たれた長門は諦めの表情で、朝倉に向かって動き出す。
マットに向かってうずくまり、横たわる朝倉の体に覆いかぶさっていく。
「リョウコ、すまない...やらせてくれ...」
朝倉の瞳を覗き込みながら語り掛ける長門。
「い、嫌よ...何故、他の女に寝取られた人としなきゃならないの!?」
抵抗する朝倉。
「だって、このままだと私がお仕置きされてしまうんだ...」
事情を告げて哀願する長門。
「おやおや、2人は恋人同士じゃなかったのかい?早くしなよ!」
急(せ)き立(た)てながら長門の尻に鞭を入れる鶴屋さん。
「痛ッ!ま、待ってくれ、今、始めるよ。」
長門は無理矢理、朝倉の体に抱き着く。
「ふ、不本意だわ...もう貴女とはカップルじゃないのに...」
顔を背ける朝倉涼子。
鞭を避けたい一心で長門は朝倉の肉体を懸命に愛撫した。
長い髪を撫で、肩から胸、乳房へと掌を這い廻らせるのだ。
頬から首筋に掛けてキスの雨も降らせていく。
「...そ、そんなの...感じないもん...」
拗ねてみせる朝倉の顔が既に赤い。
隠しようもなく興奮しちゃってるじゃないか、朝倉。
(137)へ続く

219 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/03/18(水) 00:09]
涼宮ハルヒの猥褻(137)
元々清楚な雰囲気を持った朝倉が、ボーイッシュな長門に責められるシチュエーションが既にそそられる物なのに、
他人の監視下で強要されながら肉体を絡ませるというのは強烈に興奮させられる。
2人とは距離を取っている俺でさえ理性を保つのが難しくなる程だ。
長門は左肘と両膝で体重を支えながら、唇と右掌で朝倉に接吻し、愛撫していた。
唇は朝倉の右乳房に触れ、掌は左乳房を捉えて外側から内側へ同心円状に撫で回す。
「ぁ..あ...」
白磁の様にきめ細かく白い肌を桜色に染めていく朝倉。
どうやら長門の愛撫に感じているらしい。
唇から舌先を出した長門は朝倉の乳房を舐めた。
「ぁんッ...」
朝倉が切ない声を上げる。
感度が上がってきてるようだな。
同じタイミングで長門の掌は、朝倉の左乳房をやわやわと揉む。
「あッ、ぁ〜ん...」
こっちも効果を上げている様だ。
長門は、こそばゆい感覚で朝倉を追い上げていくつもりなのだろう。
乳房を舐(ねぶ)る舌先は周辺から中心に、乳首を意識させるよう動く範囲を狭めていく。
「ぁん..あはッ...た、耐えられない...」
思わず本音を漏らす朝倉。
だが長門の舌と指が止まる事は無かった。
(138)へ続く

220 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/03/18(水) 00:40]
涼宮ハルヒの猥褻(138)
遂に長門の舌先が朝倉の乳首に触れた。
「!」
一瞬、ビクリと体を震わせる朝倉涼子。
次の瞬間には長門の右手が朝倉の左乳首に触れる。
「あぁ〜ん...」
朝倉の口から長い溜息の様な嬌声が響く。
時間差を付けて左右の乳首を責める高等戦術なのか、長門。
長門の舌は緩急のリズムを付けて朝倉の乳首を舐(な)め回す。
同時に長門の指も朝倉の乳首を転がしたり、摘んだりしながら、もてあそぶ。
「あッ、ぁッ、あぁ〜んッッッ...」
断続的に喘ぎ声を上げながら前髪を振り乱して何事かを否定する様に首を左右に振る朝倉。
まるで長門に感じさせられている事を否定したいかの様に。
それでも執拗な舐り責めと愛撫は朝倉の官能を昂進させていく。
既に白かった朝倉の肌は薄紅色に火照り、興奮を隠す事が出来ない。
俗に『上半身のクリトリス』とまで言われる乳首を2か所同時に責められれば耐えきれるものでもあるまい。
「!!」
体を痙攣させた後、ぐったりと脱力する朝倉。
どうやら最初の絶頂を迎えたらしかった。
それでも長門はやめない。
乳房をいじっていた右掌を朝倉のボディラインに沿って腰の方へ撫で降ろしていく。
(139)へ続く

221 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/03/19(木) 01:04]
涼宮ハルヒの猥褻(139)
長門有希は朝倉の右乳首を吸ったり、舌先で転がしたりしながら、右手で大きく、荒々しく太腿を撫でる。
ようやく少し意識を取り戻した朝倉涼子は乳首責めと愛撫に出迎えられてしまった。
「あッ、ぁッ、ぁあ〜ん...」
身悶えしながら喘ぐ朝倉。
反応を見ながら長門は、太腿に対する愛撫を優しくきめ細かいものに変えていく。
なるほど、経験から学習した後が見受けられる、感心、感心。
おっと、感心すべきところじゃねぇ!
乳首と太腿を責められた朝倉は全身を紅く火照らせて悶えている。
瞳を潤ませ、表情を蕩(とろ)けさせて荒く呼吸する有様は『乱(みだ)れる』という言葉を体(たい)で表(あらわ)した様だ。
それに気づいた長門は乳首を甘噛(あまか)みした。
「!!」
敏感になった乳首を噛まれて思わず正気に戻る朝倉。
だが長門の手は太腿から内腿に回り込み、膝方向(ひざほうこう)から足の付け根に向かって撫で上げた。
「!ぁ〜ん...」
感じたのか甘い嬌声を上げてしまう朝倉。
どうやら乳首を噛んで一旦正気に戻したのは、内腿責めを意識させる為の作戦だったらしい。
痛みから快感への急展開に朝倉は理性を失い始める。
長門は朝倉の内腿を撫で続けながら徐々に体勢を変え、顔の位置を乳房から下乳、腹へと変えて肌を舐めていく。
「あんッ、ぁんッ、ぁあ〜ん...」
断続的に喘ぎながら悶える朝倉の姿に、かつての清純さは欠片(かけら)も見られない。
(140)へ続く

222 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/03/20(金) 01:33]
涼宮ハルヒの猥褻(140)
マットの上で絡み合う若き女体。
肌を火照らせて官能の高まりを示す朝倉涼子の体の上を、左肘と両膝を使って滑(なめ)らかに移動しながら舐(ねぶ)る長門有希。
随分、主体的に動ける様になったもんだな、長門。
長門の右手は朝倉の内腿を愛撫しつつ、次第に陰部へと近づいていく。
上下から挟み撃ちで秘裂を意識させる作戦か。
舐り責めを続ける長門の舌先が朝倉の臍(へそ)周辺まで移動した時、長門の右手が朝倉の股間を捉える。
「あぁ〜んッ...」
性の喜悦と人生への諦(あきら)めが混ざりあった善がり声が響いた。
どうやら長門の指が花芯に触れたらしい。
朝倉の反応を盗み見ながら、長門は右手人差指の側面を使って花芯を捏ねていく。
無論、強弱緩急のリズムを巧みに組み合わせた責め方だ。
「あッ、ぁッ、あッ、ぁッ...」
喘ぎ声が細かい周期になり、第2の絶頂が近い事を予感させる。
それでも正気への執着があるのか、時折唇を噛み、指でマットを掻き毟りながら抵抗しようとする朝倉。
責めに堕ちれば人生を踏み外すのは必至だから簡単に諦めはつくまい。
朝倉の端正な顔立ちが鬼気迫る表情を帯びたのは、その為か。
相手の考えを見抜いたのか、長門の指が激しく動く。
「ぁッ、あッ、あぁぁあぁぁあ〜ッ...」
花芯を強く激しく捏ねられた朝倉は嬌声を上げながら悶え狂う。
その姿は妖艶(ようえん)という言葉を体現しているかの様だった。
(141)へ続く

223 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/03/21(土) 00:35]
涼宮ハルヒの猥褻(141)
「いいわよ、いいわよ〜!涼子、その表情、いただき!」
無責任な言動を飛ばしながら、ハンディカメラで朝倉の表情を拾う超監督様。
お前の所為で朝倉涼子は色々と瀬戸際に立たされてるんだが。
そんなハルヒの野次が耳に入ったか入らないかは判らないが、朝倉は悶絶しながら責めを受ける。
再び長門の体勢が変わり、指先での花芯弄(いじ)りが止(や)むと、両腕で朝倉の両足を抱え込んで左右に大きく広げた。
そして限界まで屹立してしまっている朝倉の花芯に、長門の唇が触れる。
「!!..あぁぁあぁぁあ〜ッ...」
切(せつ)ない善(よ)がり声を上げて上半身を捩(よじ)り、身悶えする朝倉。
が、次の瞬間には長門の口から舌先が出て、花芯を捉えた。
優しく、ゆっくりと舌先で転がす様に花芯を舐る長門有希。
「あぁ〜んッ...あッ、ぁッ、あッ...」
余程感じているのだろう、朝倉は両手で髪の毛を掻き毟りながら官能を表わす。
「涼子、最高にセクシーだわ!女の私でも欲情しちゃうくらい!」
ノリノリでカメラを回す超監督。
楽しんでたんだ・・・。こいつ、本物の変態かよ・・・。
長門は責め方のパターンを強く激しいものに変えて朝倉の官能を煽っていく。
「ぁッ、あッ、あぁぁあぁぁあ〜ッ!だ、だめッ!逝っちゃうゥゥッ...」
狂おしく叫びながら悶える朝倉。
そう簡単に逝かせる気の無い長門は、責め方を緩やかなものに切り替えた。
すると朝倉の悶え方がやや穏やかに変わる。
(142)へ続く

224 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/03/21(土) 00:57]
涼宮ハルヒの猥褻(142)
もはや朝倉涼子の肉体は長門の舌先の動きに操られる人形と同じだった。
それから数回、強弱緩急を入れ替えた舐り責めで絶頂寸前からの冷却を繰り返され、朝倉は悶え続ける。
するとそこへ超監督から声が飛ぶ。
「有希、そろそろ次の責めに移りたいから、フィニッシュお願いね!」
まったく勝手な女だぜ。
長門は反論するでもなく、黙々と指示された内容を実行に移す。
それまで穏やかに舐(ねぶ)っていた花芯を、強く激しい調子で舐(な)め上げる動きで責め始めたのだ。
「あッ、ぁッ..は、激しい...うぅ...わ、私...!!」
辛(かろ)うじて理性で絶頂を堪(こら)えていた朝倉は、激しい責めで均衡を破られ昂進する。
「あぁ〜んッ!あぁぁあぁぁあ〜ッ!!」
前髪を振り乱して絶叫しながら朝倉は逝った。
その表情には平常な人生への諦めと、哀しみが浮かんでいる。
朝倉、何もしてやれなくてごめん。
まあ、お前には殺されかけた事があったけど・・・。
意識を失い、マットに伸びている朝倉に、股間から身を起こした長門は覆いかぶさり、優しく唇を重ねた。
キスで意識を回復したのか、薄目を開く朝倉涼子。
「どう?意識は戻った?」
長門が問いかける。
「な、何故...キスを?」
朝倉が問い返す。
(143)へ続く

225 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/03/21(土) 13:00]
涼宮ハルヒの猥褻(143)
「こうするべきかなと思ったから...」
あの長門が朝倉に微笑みながら囁(ささや)きかけた。
「貴女、地球人に影響されたのね...ありがとう、嬉しかったわ。」
朝倉が、あの朝倉が長門に微笑み返しながら感謝したんだ。
2人とも地球人風の心をプログラミングされただけのアンドロイドの筈なのに、まるで本物の恋人同士みたいじゃないか・・・。
俺には理解出来なかったけど、もっとデリカシーに欠ける奴の声が聞こえてくる。
「2人とも!ラブシーンはそこまで!さあ、鶴屋さん、みくるちゃん!準備よ、準備!」
ハルヒの指示で鶴屋さんは長門と朝倉を引き離し、長門の手を引いてマットから離れた。
「有希にゃん、君にはこれから男の子になってもらうよ。」
長門を部屋の片隅に連れていった鶴屋さんの口から発せられた謎の言葉。
「!?...それはどういう...」
思わず首を傾(かし)げる長門。
鶴屋さんは足元に置いてある紙袋から何かの道具を取り出す。
次第に形状が明らかになって、それが張形に腰紐を付けた淫具『ペニスバンド』である事が判る。
「こ、これを使えと言うの?...」
思わず長門の表情が強張(こわば)った。
「さ。早く履いて。」
笑いながらペニバンを長門に手渡す鶴屋さんの目が笑ってない。
ハルヒと鶴屋さんの強靭な意思を感じたのか、長門は渋々ペニスバンドに足を通す。
その頃、マットに取り残された朝倉涼子には、朝比奈さんが寄り添っていた。
(144)へ続く

226 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/03/21(土) 13:27]
涼宮ハルヒの猥褻(144)
朝比奈さんは先程まで着ていた衣装のネグリジェを脱ぎ、薄いピンク色のブラとパンティだけの姿で
マットに横たわる朝倉涼子の傍らに腰を降ろしていた。
「どう?朝倉さん。少しは落ち着いた?」
微笑みながら朝倉に話しかける。
「はい、だいぶ息が整ってきました。」
朝倉は無理しながらも返答した。
「それはいけないわね。貴女には興奮を維持して貰わないといけないの。」
言葉の意味を理解出来ずに戸惑う朝倉の両足を開かせる朝比奈さん。
そして隠し持っていた電マを取り出すと、振動子を朝倉の股間に宛(あて)がう。
「え?ぇ?こ、これはいったい...」
抗議する間も無く、電マのスイッチが入り、花芯を直撃される朝倉。
「あッ、ぁ〜ん...や、やめて...私、まだ...」
前のエクスタシーの余韻が抜け切れていなかったのだろう、朝倉は悶え狂う。
その頃、長門はペニバンを膝辺りから股間まで引っ張り上げて装着した。
黒いTバック状のバンド部分から逞(たくま)しく突き出した黒光りする張形。
元々、貧弱な男にも見える長門が不釣り合いな逸物(いちもつ)を生(は)やした様だ。
「似合うじゃん、有希!」
それを見た鶴屋さんが笑い声を上げる。
「有希!準備出来たみたいね!いきなりだけど本番行くわよ!」
超監督様の無慈悲な指示が告げられた。
(145)へ続く

227 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/03/21(土) 19:41]
涼宮ハルヒの猥褻(145)
長門は、これから何をやらされるのかを薄々予感しながら、鶴屋さんに促されてマットへと向かう。
マットの上では朝倉が、朝比奈さんの操る電マで悶絶、絶叫し続けている。
「さて、これで撮影もフィニッシュよ!有希と涼子が文字通り一つになるの!凄いラブロマンスでしょ!?」
超監督様の独善的な構想が一同に告げられた。
その言葉を聞いた長門の顔が一瞬、青(あお)ざめた様に見える。
だが自身の使命に忠実なアンドロイドは黙々と歩を進めるのだ。
長門がマットまで到着した時、朝倉は大きく股を開いて意識朦朧の状態だった。
朝倉の股間は電マ責めに感じたのか花蜜に濡れ、テラテラと明かりを照り返している。
無言でマットに上がる長門有希。
朝比奈さんは朝倉の頭側に廻り、朝倉の両腕を抑える役回りをさせられていた。
渋々、朝倉の両足の間に腰を降ろす長門。
その背後に跪(ひざまず)き、様子を窺(うかが)う鶴屋さん。
「ユキ。落ち着いて、張形を入れる穴を探すにょろ。」
鶴屋さんの指示で、長門は朝倉の秘裂を、左右の手で開き構造を調べる。
そして深淵の入り口を見出したらしい。
「あった。次はどうすればいい?」
辛そうに指示を仰(あお)ぐ長門。
「張形の先(さき)っぽを、その穴に入れてみ?」
サディスティックな笑みを浮かべて長門に指示する鶴屋さん。
指示を受けた長門はペニバンの張形の茎(なかご)を持って、その先端を朝倉の深淵の入り口へと合わせた。
(146)へ続く

228 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/03/21(土) 20:01]
涼宮ハルヒの猥褻(146)
その時、股間の違和感に気付いたのか朝倉涼子が薄目を開けた。
「こ、これはどういう...シナリオには無かった展開ですが...」
慌ててハルヒに訴えかける朝倉。
「ん〜。事前に教えたら反対されるかも知れないから伏せておいたの。まあ、ちょっとしたハプニングだと思って!」
屈託(くったく)の無い笑顔で答えてのけるハルヒが怖い。
「そんなぁ...」
思わず涙ぐむ朝倉。
そりゃ同性にペニバンで犯される場面を録画販売されるんだから嫌がるのも当然だろう。
「涼子、ひょっとして処女なの?いい機会だからここでロストバージンしちゃいなさいよ。」
ニタニタ笑いながら話しかける超監督様。
既に両腕を朝比奈さんに、両足を長門に絡め捕られて、朝倉が避けられる状態では無かった。
「リョウコ、許して欲しい。行くよ...」
相変わらず無表情な長門だが、その瞳は涙に潤んでいる様だ。
「ほれほれ!行っちゃえ!行っちゃえ!!」
長門の背中を押して前進させる鶴屋さん。
当然、ペニバンの張形はジリジリと朝倉の深淵に押し込まれていく。
「ぁ...ぁあ...」
羞恥と苦痛に呻(うめ)く朝倉。
その顔には人生への諦めが浮かび上がる。
これを面白がるとは鬼だな、超監督。
(147)へ続く

229 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/03/22(日) 00:53]
涼宮ハルヒの猥褻(147)
ペニバンを装着された長門有希は悲し気な表情を見せながら挿入を続けている。
「ぃッ!!」
朝倉涼子の顔が苦痛に歪んだ。
多分、処女膜を破られたんだろう。
その兆候を超監督は見逃さなかった。
「あ!今、処女膜貫通したでしょ?どうなの、涼子?」
「うぅ...痛いだけで感想なんて...」
大粒の涙を零(こぼ)しながら答える朝倉。
「そうそう。処女なんて大した価値無いから!」
にこやかに告げるハルヒ。
こいつの他人の不幸に面白半分な価値観には恐怖を覚えたね。
しかし、そこまでじゃなかった。
「有希!腰を前後に動かしてみて!」
鬼の超監督の一声で長門は腰の前後運動を始めてしまう。
「うぅ〜ッ...」
始めて貫かれたばかりの深淵を掘り返されて朝倉の表情は痛みに歪む。
「有希、自分の恥骨で涼子のクリを刺激する様にイメージして腰を動かすのよ!」
興奮して目を輝かせながら、ハルヒは長門に指示した。
長門はたどたどしい動きながら、言われた通り、恥骨を朝倉の花芯に当てるよう腰を動かす。
それに感じるのか、朝倉は身悶えし始めた。
(148)へ続く

230 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/03/22(日) 13:52]
涼宮ハルヒの猥褻(148)
それに動じたのか、長門は腰の動きを止めてしまう。
「あれ?止まっちゃダメよ、有希!やっぱりお楽しみが無いとやる気も出ないのかしら?鶴屋さん、例のスイッチ押しちゃって!」
超監督の指示が飛び、鶴屋さんは長門のペニバンから伸びている謎のリモコンコードのコントローラーを手に取り、スイッチを入れた。
見る角度が原因で今まで気が付かなかったのだが、ペニバンの張形の付け根部分に小さな膨らみがあり、どうやら小型のローターを内臓しているらしい。
「!...はぁッ...」
思わず苦し気に息を吐く長門。
どうやらローターの振動が花芯を直撃した様だ。
「どう?有希。これで貴女も気持ちよくなれるでしょ?さあ、涼子も悦(よろこ)ばせてあげなさい!」
うわぁ・・・ハルヒの世界観には付き合い切れねぇ・・・。
長門はローター責めを我慢しながら、のろのろと腰を振り始めた。
「ユキ!気合入れて!気合!!」
鈍い動きに業を煮やした鶴屋さんは鞭で長門の尻をペチペチと叩く。
痛みに急き立てられて大急ぎで腰を動かす長門。
「う〜ッ、うぅ〜ッ、ぅ〜ッ...」
急激なピストン運動の強化に深淵と花芯を刺激され呻く朝倉。
責めている長門もローターで責められ追い上げられているという地獄絵図だ。
「これよ、これ!この画(え)こそ今回の締めくくりに相応しいわ!!」
悶絶する朝倉の顔を撮影しながら超監督は宣(のたま)う。
鶴屋さんに鞭で叩かれ懸命に腰を使う長門も官能で肌を火照らせて喘ぐ。
『狂乱』という言葉の縮図を見せられている気分だ。
(149)へ続く

231 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/03/22(日) 14:40]
涼宮ハルヒの猥褻(149)
「ぁッ...あッ..ぁッ、あぁ〜んッ...」
ローター責めに耐えきれなくなってきたのか、甘い嬌声を漏らし始めた長門有希。
「はぁッ、ハァ、はぁ、ハァッ...」
吐息も荒く絶頂へと追い上げられていく朝倉涼子。
2人の交合は今や終局へと向かっていた。
「ん〜?そろそろフィニッシュみたいね。いいわよ、いいわよ〜!」
無責任に煽りながらカメラを回し続ける超監督様。
「!!んあぁぁぁッ...」
先に朝倉が気を遣った。
「うぅ〜んッ...い、逝くゥゥッ!!」
続いて長門が崩れ落ちた。
長門と朝倉が重なって気を失った場面を撮りながら得意満面のハルヒ。
「有希!涼子!その表情、最高ッ!!これで撮影はクランクアップよ!」
どうやらワルプルギスの夜は過ぎ去ったらしい。
後は朝比奈さんと鶴屋さんが朝倉と長門を助け起こし、俺と古泉が現場の後片付けに動く。
超監督様は速攻で自宅へ戻り、ビデオの編集を始める様だ。
こうしてSOS団の裏物DVD撮影は終わる。
翌日、登校すると朝倉涼子が再びカナダへ戻ったという連絡を聞いた。
そりゃ、あんな扱いを受けたらハルヒと顔を合わせたくはないだろう。
俺は朝倉と、その背後にいる情報統合思念体とやらに同情したね。
(150)へ続く

232 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/03/22(日) 15:47]
涼宮ハルヒの猥褻(150)
数日後、俺たちは文芸部の部室で団長様から直々に例の裏物DVDが完成したと聞いた。
それをデュプリケーション(複製)してネット通販で流すらしい。初期ロットは1000枚。
これを1枚5000円で売って500万円の収入を目指すという。
果たして上手くいくものかと思いながら、長門の部屋に設けられたDVD工場で梱包作業させられる俺。
SOS団の5人で手分けして数日作業し、出荷の準備は整った。
後はハルヒがネットで仕掛けた宣伝が当たれば売れる可能性はある。
作業を終えて長門のマンションから帰宅しようという時に、古泉が俺を呼び止めた。
古泉の話では、奴の組織がDVDを定価で全て買い取る手筈だと言う。
まあ、ハルヒが世間の注目を浴びる様な事態を避ける為なら安い買い物なんだろうな。
これも万事は平和の為と溜息を吐(つ)きながら俺は家路を急いだ。
翌日放課後の部室に俺と古泉、長門と朝比奈さん、鶴屋さんが屯(たむろ)していると、ハルヒが走り込んできた。
「あんた達!喜びなさい!売れたのよ!全部!完売よ!!」
喜色満面とはこの事だろうというくらい、にこやかな笑顔を浮かべている。
「これで赤字を脱出し、新たな活動予算を捻出(ねんしゅつ)出来(でき)るわ!」
そうか、良かったな、ハルヒ。
「ついてはDVDの続編を作って活動を黒字転換したいんだけど・・・」
ん?嫌な予感がしてきたぞ・・・。
団長様の視線は長門と朝比奈さんに注(そそ)がれる。
思わず席を立ち、飛ぶように逃げ出す2人。
そうだ!逃げてくれ!俺は思わず逃走の成功を祈らずにはいられなかった。
涼宮ハルヒの猥褻<完>

233 名前:名無しさん@はにゃ〜ん [2020/03/22(日) 15:52]
ようやく完結しました。
思えば2007年頃、2ちゃんねるの「さくら板」で、この小説を書き始めてから
今年で13年。
途中4〜5年休眠していた時期もありましたが、かろうじて完成に漕ぎ着けました。
皆様、ご愛読ありがとうございました。
それと谷川流先生、ハルヒの続編を早く!

234 名前:ooqmemjk [2020/12/20(日) 19:55]
CCさくら総督府
ooqmemjk http://www.gl41ky56692e74ydoly4l1ixo870b4s2s.org/
[url=http://www.gl41ky56692e74ydoly4l1ixo870b4s2s.org/]uooqmemjk[/url]
<a href="http://www.gl41ky56692e74ydoly4l1ixo870b4s2s.org/">aooqmemjk</a>

235 名前:Fungicide Miticide Insecticide [2021/01/02(土) 18:01]
スーパーコピーブランド激安通販 https://totalautomationgroup.com/access-control-point/
Fungicide Miticide Insecticide https://www.hxtiankai.com/fungicide-miticide-insecticide/

236 名前:Clear Goggle [2021/01/07(木) 00:03]
47040/000A-9008 https://www.zhu555.com/article-a274002.html
Clear Goggle https://www.glazzygroup.com/clear-goggle/

237 名前:150w Ufo Led High Bay Light [2021/01/09(土) 22:24]
ディオール財布コピー代引き http://www.kitchenartcabinets.com/moldings/
150w Ufo Led High Bay Light https://www.ristargroup.com/150w-ufo-led-high-bay-light/

238 名前:Hdpe Gas Pipe Hdpe Tubing Supplier [2021/01/15(金) 00:15]
GUCCIバッグコピー https://www.zhu555.com/article-a284274.html
China Hdpe Gas Pipe Hdpe Tubing https://www.fjplasticpipe.com/hdpe-gas-pipe-hdpe-tubing/

239 名前:SOREAL/R_S450J [2021/01/21(木) 02:04]
Reflective Acrylic Sheet https://www.hsplasticgroup.com/reflective-acrylic-sheet/
クリスチャンディオールサングラス偽物 https://www.zhu555.com/article-a288703.html

240 名前:ブライトリングコピー [2021/01/25(月) 02:37]
Hefei Aquila CNC Equipment Co., Ltd. https://www.supplybingo.com/hefei-aquila-cnc-equipment-co-ltd/
ブライトリングコピー https://www.zhu555.com/article-a299207.html



◆新着レス表示 前100 次100 最新50 全表示 掲示板に戻る ( ´Д`)<304KB
名前: E-mail:

[掲示板を利用する前に]
read.cgi ver2.0 beta3 (03/08/25)