葉鍵祭U炉ちゃんねる(仮)CCさくら総督府
143 名前:品川くじら [2020/11/07(土) 00:43]
湯けむりレズリングU(10)<初日・夜の部>
その時、赤コーナーの雛山理緒から声援が飛んだ。
理緒「葵ちゃん!しっかり!綾香さんとの特訓を思い出して!」
その声が耳に届いたのか、葵は理性を取り戻す。
葵(そうだ...私はこんな事で負けてはいけないんだ...)
気力を振り絞って右手を動かし、手探りで小毬の股間に移動させていく葵。
その間にも小毬は乳首を舐り、乳房を揉み、恥丘諸共花芯を捏ねる。
巧みな責めに葵は意識を保つ事すら難しかった。
それでも、辛うじて右手を小毬の股間に滑り込ませる事に成功する。
葵の指は小毬のパンティーの上から秘裂をなぞった。
小毬「んッ...」
異変に気付く小毬。
しかし優位である事に変わりはなく、小毬は、このまま押し切れると判断した。
葵は途切れ途切れになる意識の下で、指を動かし小毬の花芯を突き止める。
そして持てるテクニックを総動員して花芯を捏ねていく。
小毬「葵ちゃん、積極的なんだね。私も嬉しいよ。」
責められている筈の小毬は笑みを浮かべて葵を褒める。
それを見た葵は内心、焦りを感じた。
佐藤「これはどうした事か!?不気味に微笑む小毬!」
小毬は乳首舐りを中止すると体位を変え、葵の体を抱きすくめて唇を重ねる。
同時に小毬は左手で、葵の右腕を掴み、自分の股間を責めていた葵の右手を引き剥がす。
(11)へ続く



◆続きを読む 前100 次100 最新50 全表示 掲示板に戻る ( ´∀`)<206KB
名前: E-mail:

[掲示板を利用する前に]
read.cgi ver2.0 beta3 (03/08/25)