潮岬灯台

(和歌山県東牟婁郡串本町潮岬)


潮岬灯台の門
和歌山県串本町の潮岬は、本州最南端の地。その側に潮岬灯台があります。
この日、紀伊大島の「天狗岩」に行ってきたついでに寄ったもので、潮岬そのものには行っていないので
先に灯台だけ紹介。(天狗岩は現在、周辺の整備状況が変わっているらしいのでいずれ再訪するつもり。)

灯台近撮
説明板によると、幕末締結の条約に添って造られ、明治3年仮点灯、同6年正式点灯。
最初は木造で、現在の石造の建物は明治11年改築のものとのこと。

灯台入口
中に入って上ることができます。

灯台上の眺め
上からの眺め。

岬方面
潮岬方面の眺め。
円筒形の建物は潮岬観光タワー。

階段
灯台の中の階段。

資料室
灯台内には資料室があり、潮岬灯台のデータや歴史などについて知ることが出来ます。


潮御崎神社
隣にある潮御崎神社。
かつて地元近隣の漁業者たちがこの神社で、鰹漁の約束事に関する会合を行なっていたという。
参考…潮御崎神社(和歌山県神社庁サイト)


訪問日:2010/02/21
・駐車場は有料(300円)。
・公共交通機関は、JR串本駅からバス有り。

もどります